« FAB-EF58-19 | トップページ | FAB-EF58-20 »

2006年5月22日 (月)

クマタのギアボックス底板その2

Bb06

クマタのDD13のギアボックス底板を削った件は昨日書き込みましたが、同じギアボックスを使用しているDD51のキットが手付かずでストックされているのを思いだしこれも削りました。今度は6mmのエンドミルではなく8mmで一気に削ってみました。8mmですとナイフマークの継ぎ目がないので見た目綺麗に削れちゃうのが良い点です。

Bb07

仕上がりはこんな感じです。最初からこれで削れば良かった・・

しかしダイキャストを削り込むって結構禁じ手ではあるんですよね。削ってみるとクラックやスが有る場合もあり、ちょっと神経を使います。でも4枚削ってみたところこのパーツはほぼ大丈夫かな??フライスをお持ちでない方で削り込みの希望があれば相談に乗りますよ。でもリスクが無いわけではないのでその辺を理解して頂ける場合ですが。

|

« FAB-EF58-19 | トップページ | FAB-EF58-20 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クマタのギアボックス底板その2:

« FAB-EF58-19 | トップページ | FAB-EF58-20 »