« D51半流は? | トップページ | ワム80000-4 テクニカルノート »

2006年6月22日 (木)

ワム80000-3 とりあえずパーツは付けました

Ccc01_1

ひたすら手すりを曲げ位置に瞬間で固定、指定の金具類も同様に指定位置に取り付け、下回りのパーツ類もキット付属の物はすべて取り付けました。結構疲れました。

レジンの車体は先にクレンザー磨きをしておいた方が良さそうです。もう後の祭りですが。

とてもこれにサフェーサー吹いて研ぐって出来そうもありません。適当に下塗りしてラッカー吹いて様子を見ます。とりあえず組み上げるまでは1輌だいたい4~5時間かかってしまいました。これから塗装レタリングで結構ヘビーなキットになりそうですが、付けるべき物はだいたいついている感じです。

レジンキャストによるキットですが、ワム80000あたりはプラで数が欲しい人もいると思うので、レジンよりはその手の物が出て欲しい気もしました。下回りがホワイトメタルなので若干重いですが、上下組み立てネジとカプラーを除いて57gでした。ちなみにレキは109g、アートプロのワが37gなので、それほど重いわけではないです。

今回のキットはひたすら穴明け作業で、普通のピンバイスでは途方に暮れそうです。私は以下のようなモーターピンバイスでやりました。これがないと私はいやだなぁ・・・便利ですよ。

Ccc02_1

|

« D51半流は? | トップページ | ワム80000-4 テクニカルノート »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。