« ワム80000-8 台車枠の構造 | トップページ | ワム80000-9 丸2日乾燥させてみたのですが・・ »

2006年6月24日 (土)

蒙古の戦車-8(DB608) スピーカーの搭載

A02

ちょっと他に手を出していて止まっていた蒙古の戦車にスピーカーを搭載しました。

スピーカー搭載場所はラジエターグリルの内側です。そこにぴったりはまりこむように1.6mm厚の汎用基板を切り出し、中央に15mm径のスピーカーがぴったりはまる穴を開け瞬間接着剤でスピーカーを固定しました。このスピーカーはたった、15mm径ですが、0.3W入力可能で、結構良さそうだという話だったので、期待しての搭載です。仮組み状態でテストすると、余り大きな音がしないので、うーん・・・と思っていたのですが、CVをチェックするとサウンドデコーダーのボリューム設定が最大値の半分以下になっていました・・・試しと思い、目一杯エクゾーストも、ホーンも音量を上げ、テストすると、割れることなく音を鳴らしてくれます。音量もそれなりに十分なレベル。なかなか良いスピーカーです。このサイズならまずどんな車輌にも搭載できそうで、今までサウンドなど考えられなかった車輌にもサウンド搭載の道が開けるように思います。エンジンルームとその横にあるホーンのすぐそばにスピーカーを搭載できたのも、マニアレベルの精神面でなかなか良い感じです。

|

« ワム80000-8 台車枠の構造 | トップページ | ワム80000-9 丸2日乾燥させてみたのですが・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ワム80000-8 台車枠の構造 | トップページ | ワム80000-9 丸2日乾燥させてみたのですが・・ »