« ED17-4 動輪のフレ | トップページ | ED17-6 モーターマウントの加工 »

2006年6月19日 (月)

ED17-5 ギアのかみ合わせ・・

Aaa09_1

組んでみて動輪のフレと共に問題を感じたのがギアのかみ合わせです。

写真の通りギリギリです。場合によってはカンでしまいそうです。どうやって調整するのか?調整場所はありません。ふと気がついたのですが、もしかしたら補強した平ギアを止めている穴が大きくそこで調整するんじゃないかと疑い、もう一台ストックしているED17のキットを確認・・・内径なので計測精度は今一だが1.4mmぐらい、エッチングなので精度はこの程度でしょうがない。

中間ギアとのかみ合わせと、動輪のギアとのかみ合わせにも問題はない。とするとこの微妙なかみ合わせをどう調整したらよいのでしょうか・・・補強のためにフレームに固定したカラーの位置も確認したが問題ない。前後都合4ヶ所のウオームとのかみ合わせが同様のクリアランスなので、精度はそれなりにほぼ同じ場所に付いている。このカラーを少しウオーム側に近づけるしか方法は無さそうで・・・何ともイライラする構造です。

メーカー完成品はこのあたりの調整をどうしているんでしょう?穴を少し広げて寄せてるとか?穴広げて頭の小さい1.4mmネジでギアをカラーごと止めてあるのでしょうか?せめて頭の大きい1.4mmネジでも使って欲しいものです。

なんだか批判ばかりで書いていていやになるのですが、一見複雑にまとまっているのですが、精査すると益々この動力部には問題を感じてしまいます。

ちなみにFABのEF58のモーター取り付け部は多少の調整が出来、この様な問題はありませんでした。

追記:

その後モーターマウントの底を定盤の上に置いたペーパーで少し削り、絶縁のベーク板も軽くあたりを取り、ギアボックスの取り付け面も少し仕上げて見たのですがほとんど隙間は詰まらずです。これだけバックラッシュが大きいので、テストで回してみてもとてもノイズが大きいです。完成品はどうなのか知りませんが、よほど無理やり調整してないと、音が大きな機関車だと思うんですが。完成品を買われた方どうですか?

|

« ED17-4 動輪のフレ | トップページ | ED17-6 モーターマウントの加工 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。