« ED17-5 ギアのかみ合わせ・・ | トップページ | ワールド工芸の製品について私見 »

2006年6月19日 (月)

ED17-6 モーターマウントの加工

Aaa10_1

ギアのかみ合わせ調整が出来ないので、モーターマウントの底を切り取りモーターがベークの絶縁板に密着できるところまで下げられるようにしました。モーターの底の部分を糸鋸で切り取り、ヤスリで仕上げ、とりあえず角線を1本ハンダ付けして補強しました。手前が加工したマウントで、奥が加工前のオリジナルです。これでモーターの位置は調整できるのでかみ合わせも精度良くできます。調整してテストで回すと以前とはうってかわって静かに回ります。平ギアーのかみ合わせによる音がするものの格段に違います。簡単な補強だけで、剛性がないので、もう少し補強しようと思っています。左側に飛び出したような部分は残さず切ってしまった方が良さそうです。どうにか先が見えたので一安心です。

ちょっと表現が違うかもしれませんが、ワールドのキットは現代版模型社のような乗りを感じてきました。製作者を悩ませ、技術とアイデアを要求するあたりが似ていると思うんですが。

|

« ED17-5 ギアのかみ合わせ・・ | トップページ | ワールド工芸の製品について私見 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。