« ストックカーの廃車 | トップページ | QSI D51 -10 »

2006年9月16日 (土)

QSI D51 -9

コマンドステーションと相性が悪い場合

下の方にコマンドステーションとの相性のことを書きましたが、通常のプログラミングモードでプログラムできない場合どうしたらよいでしょうか。この場合、POM(レンツ)やOPS(デジトラックス)と呼ばれるモードでプログラミングできます。通常の運転トラックの上でのプログラムです。この場合の操作はそれぞれのコマンドステーションのマニュアルを参照して頂きたいのですが、このモードでは車輌アドレス等はいじれません。要するにCV1、CV17,CV18などは書換不可能になっています。なぜならそのアドレスの番号の車輌だけをプログラムするモードなので、番号を変えるとおかしな事になるからです。

で、そのためにQSIでは専用の方法が用意されています。順番に以下の数値を入力してください。順番が重要です。

2桁アドレスは以下の方法で設定可能です。

CV49=129 CV50=1 CV56=設定するアドレス

4桁アドレスは以下の方法で。

CV49=129 CV50=17 CV56=CV17に入力すべき数値 CV50=18 CV56=CV18に入力すべき数値

そして4桁を有効にするには下にも書いた様にビット5を有効にします。

このモードでは入力するたびに、機関車が英語で数値を読み上げてくれます。

ちょっと面倒ですがこの方法で設定が出来ます。

|

« ストックカーの廃車 | トップページ | QSI D51 -10 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ストックカーの廃車 | トップページ | QSI D51 -10 »